字遊帖

青でもなく赤でもなく曖昧に。

人と比べてどうかではなく自分が辛いかどうか

f:id:yuncar:20180415210658j:plain

本文と関係ないのですが、絵画のように撮れたお気に入りの写真。

 

今日ふと思ったことを書き残しておきたい。

ネガティブな性格なので何かあるとすぐ落ち込みやすいのですが、最近は穏やかに過ごせることが多くなってきました。

それは自分なりに、無理せず暮らすスタイルが少しづつ確立されてきたからでもあると思います。

 

一番ひどい時期は本当にいろんなことが辛くて、心療内科とかに掛かった方がいいのかとか本当に悩んでいました。

ネットで鬱のチェックをしたり。

 

だけどその一方で、自分の悩みなんて人から見たらちっぽけなものだろう、こんなことで辛いなんて思っていいのかと自問自答していました。

自分より辛い人、辛い家庭環境の人なんてもっとたくさんいる。

こんなことで辛いなんて思っちゃいけないだろう、という感情の抑え込み。

 

今思うこと、伝えたいことは

 

辛い時は辛いでいい。

人と比べてどうかではなく自分が辛いかどうか。

自分が辛いと感じているならばその気持ちに正直でいい。

もっと辛い人がいるのだからなんて考えなくていい。

辛さに向き合わなければ、もっと辛く、自分の首を絞めるだけ。

 

そんなことをふと今日思いました。