字遊帖

青でもなく赤でもなく曖昧に。

就活をはじめる人の気持ちが少しでも楽になれば

f:id:yuncar:20180301221758j:image

嫌なワードです。就活。

今年は、今日解禁みたいですね。

 

本当に嫌でした。

働かないと生きていけないけれど、

人見知り、ネガティブ、本番に弱く、社交性なし、コミュニケーション能力もない。

そんな自分にとっては恐怖以外の何物でもなかった。

人と接したくないので、そもそも接客やサービス業は論外。

パソコン関係に絞っていました。

それでも、求人票を見ると「明るく元気な人」みたいな条件ばかり。

明るく元気にできないから接客以外を探しているのに。

今でこそ多少はポジティブな考え方もできるようになったけれど、

当時は本当に病んでいました。

腐っていました。

こんなのどこにも入れない。

どうすればいい。

就職しない訳にはいかない。

だけど、自分のような人間は求められていないのだ。と。

 

なんとか頑張って面接を受けたりして、

今の会社に入ることができました。

自分にとっては恵まれた環境だと思います。

 

就活で、100社受けるとかいうような話も聞きますが本当に凄いなと。

そんなに頑張れない。

 

疲れたときに、話を聞いてくれたり、

寄り添ってくれるような人が自分にはいなかったので、自分だけなんでこんなに駄目なのかと思っていました。

俯瞰で見れなくなるものです。

いざというときに、心強い存在があれば良いのですが。

誰かのそんな存在になってみたいもの。

 

やるしかない、やればできる、と言われても、これ以上どうしろというのかと、逆に落ち込んだり。

 

疲れたときは疲れたで良いのです。

しんどいときはしんどいで良いのです。

ひとりで、叫んだって良い。

うまくいかないときはうまくいかない。

努力しないで社会を恨む理由はないけれど、

努力していればそんなあなたを見てくれる人はいるもの。

 

表に出さない努力に気づける人に、なりたい。

 

文章が下手で、言いたかったことの半分も言えてないような気がするけれど。

アドバイスとか相談とかそんな大げさなものではなく、

話を聞いて欲しい人の話に耳を傾けたい。