字遊帖

青でもなく赤でもなく曖昧に。

直感に従ってみるのも良い出会いに繋がる

f:id:yuncar:20180219224745j:image

今日は久しぶりに一日休みだったので、整体に行ってそのあと市内をうろうろ。

何故急に思いついたか分からないけれど、

ふと、行ってみたことのなかった本通りの多山文具へ行ってみたら、TEFRENUのA5が全色あった。
そもそも置いてなかったり、白しかなかったりするのに何という素晴らしきお店。
どんな場面でも使えるようにと黒にしようと思ったけど、結局は紫を買ってしまいました。

紫が好きだしあまり見かけないタイプの鮮やかな紫で惚れてしまって是非相棒にしたくなって。

 

何年も前から、自分なりの手帳術は試行錯誤してみるものの、確定はしていなくて。

主には、雑記用のメモ帳と、残したい情報をまとめる用のルーズリーフを使っていました。

ルーズリーフは、学生の時からの馴染みあるB5を使っていて、A5がおすすめという記事を参考にA5にしようとした時期もあったけれど、やっぱりB5推しでした。

けれどカバンもミニマル化したりしていくと、B5は大きく感じてきてしまって、最近はA5のルーズリーフ使ってみてたら意外と良く。

柔軟な姿勢で、A5を使ってみたら、意外と定着するのかもしれないと、A5のバインダーを求めていたのです。


元々B5の白を3つも買ったぐらいTEFRENUというバインダーが使いやすくて好きで、TEFRENUのA5が欲しかったのですが、冒頭で触れたように取り扱いが少なくて。

バリエーション豊富な多山文具さん、素敵です。

何で今まで行かなかったのだろう、だけど今回ふらりと立ち寄った、自分を褒めたい。

 

直感に従ってみるのも良い出会いに繋がる。