読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

ブログの更新が重荷になってきている件

暮らし(その他)

はてなブログをはじめてから、一日一記事更新スタイルをとっている。

(たまに更新出来なくて翌日に前日の記事を書いたりしてることもあるけれど)

 

はてなブログの前にアメーバやfc2をやっていたこともあったけど毎日更新するスタイルだったし、携帯用の個人ホームページが流行ったときも日記は書いてて毎日更新していた。

 

そう、日記は毎日書くものだという個人的な思い。

 

ブログではなく紙に書く日記もそうで、毎日書こうとしては続かなくなって挫折するのを繰り返してきた。

今は、ルーズリーフに書くスタイルにしていて、夏から続いているけれど、始めた頃は「完全にやるから続かないのであって、たまに一日くらい書けない日があってもいいや」ってスタンスにしていて二、三日書いてない日があるけど、生活は毎日している訳であって、日記が空白の日があると「この日何してたんだろう」と落ち着かない。

 

それもあって、メモ帳に走り書きで何かしら書いては一日の終わりにルーズリーフにまとめるスタイルにしている。

 

ただそれも、先月も今月も忙しくてメモを全然まとめられていなかった。

今日は朝から今月分をまとめる作業。大体出来て、あと2日分。

しかし先月分がまだ何日も書けてない日がある。

 

 

書くのは嫌いじゃないのに余裕がないこの辛さ。

 

平日はなかなか時間がとれないからと休日にまとめてやろうとするから結局記憶も曖昧だし、まとめきれなくて持ち越す。

 

 

話が逸れたけれど、ブログも同じで、書きたいテーマはたくさんあるのに、書けていない。追い付かない。

 

書くことは好きなのに重荷になっている。

 

ならばいっそ、毎日書くスタイルをやめて、書ける時に書くスタイルにするべきか。

しかし、書ける時にというと結局書けない気がして怖い。

 

極論を言えば、今の仕事は好きだけど、毎日朝から晩まで働くというのが苦手なのです。

もっと自分のしたいことに時間を割きたい。

 

とはいえ、働かないと生活できないし、自分の時間を作れる会社に転職するという勇気は皆無で、この状況を受け入れるしかないのだが。