字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

「願いの唄」

#80「願いの唄」2007/12/05

全部分かってるつもりだったけど
ホントは何ひとつちゃんと見てなかったのかも…
ボクはどれくらい幼くて
どれくらい大人びているのだろう
そんなことも知らなかった

たくさんの情報に囲まれ
早くから答えを求められ
孤独を感じていたのかもしれない
そんな今こそ願いの唄を歌おう
どんな小さな願いでもいいんだ
幼い頃から夢みてたことでも
願いの唄にのせたなら
きっと叶うはずだから
大丈夫 あせらなくていいよ
将来への答えなんて誰ももってなんかないから

足跡はボクが歩いた後にしかできない
当たり前だけど…

だから願いもボクが努力しなきゃ叶わない
そんなことも知らなかった
たくさん友達もいて 楽しい日々を過ごしてた
だけど何か物足りなさを感じてた
願いの唄があるから その唄のために努力をした
叶ったんだ 夢が 望んでいたことが

唄があるからってわけじゃないけど
心の支えになったのは確かだから
大丈夫 キミも何か願ってみてよ
ボクがキミに唄うから

 

----------

ストーリーがあるようで抽象的。

足跡はボクが歩いた後にしかできない

という一文は今見ても深い気がする。