字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

「まぼろしグランギニョール」

#71「まぼろしグランギニョール」2006/09/19


ひとつため息ついた
ため息とともに生まれたシャボン玉
ため息さえもキレイに映して浮かんでるけど
その分ちょっと重たいみたい
不器用に生きた分だけ涙の数
悔しいときも悲しいときも
涙をのんでぐっと我慢してる
だけど我慢しきれずに泣いてしまうときもある
いつか泣き止んだら
水溜まりを一気に跳べた日を想うのだろう
そんなささいなことでさえも
嬉しかった日を想うのだろう
ポツンと置かれた寂しい自転車
それを見て思い出す
そうだこれはまぼろしグランギニョール
ただの人形劇
誰かによって動かされる僕ら
自力じゃ動けない人形

キャッチボール 昔の夢を追う空地
喜び 悲しみ どっちにしても
人間はこんな曖昧な
思いが湧く瞬間がある
そして思い出す 僕は
人という仕事を与えられて生きてるんだ

----------

内容自体は悪くないと思うけれど。

グランギニョールって何だったっけと書いた本人も思い出せず。

グランギニョール=人形劇

格好良い片仮名に頼るのは良くない…。