読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

「小さなラヴソング」

#56「小さなラヴソング」2006/08/10

 

君にとっての異邦人(エトランゼ) そうさ僕はロボットなんだ
心は持たないはずの僕だけど
表しきれない君への感情を生み出す

あの冬の日の空は、殺風景で
いつもと変わりはしなかった
だけど僕にとっては大事件
君の手によって生み出された

心は持たないはずの僕だけど
君をひと目で好きだと思った
それから僕はどんな小さな思いでも
きっと君の役に立つ そう思って
精一杯歯車回す

人間ってもんは いつか老い そして…

僕は哀惜の心持ってしまった…
そして泣く 泣く 君のために泣く
どこからか流れてくる涙は
頬をつたい落ちてゆく

さびついた歯車一生縣命
回して君へ贈る
小さな小さな ラヴソング
陽だまりの中で奏でる
小さな小さな ラヴソング
そして夢喰いバクがやってきて
僕の夢を喰っていく…

 

----------

自分の書いたものだから仕方がないが、

エトランゼなんて格好つけすぎている…。

これはしかもあれだ、乙一氏の某作品から着想を得ているなあ…。