読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

「ココロノオト」

#33「ココロノオト」2006/05/21

人影はもうまばら そんな路地を君と歩く

握る手はぎこちなく 交わす言葉もなく

ココロノオト君に聞こえてしまいそうで

去年の春のこと 君と僕が出逢ったのは

君は舞い散る桜の下 1人で佇んでた

僕はひとめで恋に落ちた

そんなある日突然君が言った

「スキです」って言葉今も僕の心に

それから僕らは気づけば2人でいて

くだらないことばかり笑って話してたね

僕のココロノオト君に届け

心から届け いつだって聞いていて欲しい

ずっといつまでも願ってる 君に届くまで

君のこと想いつづけるうち

「スキ」から「愛してる」に変わった気持ち

それは君を理由なしで抱きしめたい

君に理由なしで抱きしめられたい

そう思ったこの瞬間

君のココロノオト僕に届け

いつだっていいよ 君が思ってること知りたい

言葉じゃ聞けない思いを ココロノオトに託して

僕のココロノオト君に届け

心から届け いつだって聞いていて欲しい

ずっといつまでも願ってる 君に届くまで

ーーーーーーーーーー

前作に続き、この作品も書いたきっかけが謎…。

今にしてみれば歯の浮くような表現が多くて恥ずかしい。