読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

「花火」

#27「花火」2006/04/14

 

思い出の公園のベンチ

消えかけたあなたと私の名前

 

言葉で飾るだけじゃ意味がない

そう言ってこの広い世界の中で

巡り逢えたコトうれしく思うと

抱きしめてくれたあなたを愛しく思う

 

悲しみを重ねすぎた2人を

時は置き去りにしていってしまった

 

今この瞬間 開いた花火と

懐かしいあなたの面影重なった

それはとても哀しい色だった

忘れられない香りをのせた風が舞う

 

さよならを言おう 次に進むために

 

今この瞬間 開いた花火と

懐かしいあなたの面影重なった

それはとても哀しい色だった

忘れられない香りをのせた風が舞う

 

ーーーーーーーーーー

似たような経験もないのによくこんなこと書けたな自分、と思う。

長らく恋愛色のものは書いてないし書けない。