字遊帖

今まで書き溜めてきたものや、日々の暮らしなど、自由に綴るブログ。シンプルな暮らしを目指して。

「本気」

#4「本気」2006/01/18

 

幼いころは毎日が輝いていて

全ての事に本気で打ち込んでいた

けれど初めて賞をもらったあの日

にこにこしながら賞状を渡した時の

邪険な母の目を見てから

オレの世界は廻るのを止めた

それからオレはいくつの本音を

置き去りにして来たのだろう

最近ふと考えてみた

どこまで記憶を遡っても

思い出すことはなかった

ある日1人の老爺に出逢った

その目はオレの全てを悟っているように見えた

その瞬間何もかもが溢れだし

言葉へと形を変えた

老爺は真剣なまなざしで話を聞き

そしてオレに言った

「結果だけが全てじゃない

今は受け入れてもらえなくても

きっといつかお前のことを

理解してくれる人に出逢えるさ

自分の為に頑張れば

願いはいつの日か必ず叶う…」と

オレはその言葉に導かれるように

長い長い冬眠から目覚めた

だけど本気を忘れてしまっていた

机のひきだし 上着のポケット 破れかけの鞄

どこを探してもなくて

何度もリタイアしそうになった

ある日目覚めたら心が何かで満たされていた

それこそが探し求めていた本気だった

 

ーーーーーーーーーー

今となっては珍しく、既存の熟語のタイトル。