字遊帖

青でもなく赤でもなく曖昧に。

キッカケって何処に転がってるモノか分からない。

f:id:yuncar:20180322223404j:image

キャンペーンに応募してたら当たりました。

普通のもなかだと思って開けたらこのインパクト。

最後の一個を食べたのでお別れ。

サイズ感が分かりにくいけど、最中にしては大きいです。
というよりやはり見た目のインパクトがすごいので、人へのお土産としては話題性もあって良さそうです。

この商品は知らなかったけど、また何処かで見かけたら買ってみたいなと思いました。

キッカケって何処に転がってるモノか分からないものです。

だからこそ、アンテナを張っておかなければ。

受信も発信も、どちらもできれば尚更良し。

人に好意を受けると泣きそうな気分になる

f:id:yuncar:20180321222616j:image

普段、人と接するのが苦手で

会社の人とも仕事の話以外で雑談などはほとんどしません。

 

それなのに、ふとした時に話しかけてくれる人がいたりします。

いつもお世話になってるから、とホワイトデーやバレンタインデーには

数人からお菓子をいただいたりもしました。

写真も頂き物です。六花亭のチョコ。美味しかった。

好意を受けると泣きそうな気分になります。

勿論実際には泣きませんが、こんな自分に関わってくれる方の存在が有難く。

 

人見知りだとか何とかで逃げていないで、

ちゃんと人と関わろうとしないといけないなあ、と思うようになりました。

 

ただ単に、社交的になろうとか、コミュニケーション力をアップとか、

言われるよりも、こういう具体的に人から受けた影響の方がその後の意識の変化に繋がるものです。

 

イオンの白タッパ優秀

f:id:yuncar:20180319231737j:image

ブログで勧められていた、という話を人から聞いて買ってみたイオンの白タッパ。

最初は上のサイズを弁当箱として買ったけれど使い勝手が良くて、

下の大きいサイズを追加で購入。

一人暮らしで冷蔵庫が小さくて、縦型の容器は入れづらいので、

このタッパに、小麦粉を詰めて入れてます。

背が低いのが良いです。

 

その上綺麗に重ねられて省スペース化にもなってます。

形がちぐはぐでかさばっていたタッパを手放しました。

 

すっきりしました。

 

また追加で買うかもしれません。

努力が形になるのは好きなので、辛くても頑張れる

f:id:yuncar:20180316232001j:image

前に受けた検定、合格しておりました。

 

もう当分検定など受けたくはないが

今回は本当に追い詰められていたので

努力の甲斐があったと思う。

インフルエンザには罹ったことがないのに、ひと冬に一回は風邪をひいてしまう

f:id:yuncar:20180314224601j:image

気休めにドリンク剤を飲みました。

葛根湯が効くそうですが少々高いので、安かったやつ。

昨日は野菜ジュースを飲んだりポカリを飲んだり、今日もビタミンC入りドリンクを飲んでみたけどあまり変わらなかった。

いっそのことケチらず葛根湯を飲んでみた方が一発で効くのかもしれないなあ。

 

インフルエンザは予防接種も受けないし罹ったこともないのですが、

なぜか風邪をひいてしまう。

とはいっても毎回鼻風邪で、鼻水が止まらなくなるだけなのですが。

地味に一週間とか引きずるのです。

 

今日は酒粕入りの味噌汁も飲んでみたり。

 

昔、ライセンスの藤原さんが、オレンジジュースを一リットル飲んで寝ると治ると言っていて真似てみたこともあるのですが治らず。

 

何故インフルエンザに罹らない癖に、しかも徐々に暖かくなってきたタイミングで風邪をひくのか。

分からないけれど。

自分なりに一日で治す方法を見つけたいものです。

 

米津玄師のLemonを聴きながら。

f:id:yuncar:20180313230205j:plain

写真は特に関係ない昔撮ったものですが、何となく今の気分で選びました。

 

先日はてなブログをサーフィンしていたら、(←表現あっているのか?)

米津玄師の才能が怖いみたいな記事をたまたま見つけて読みました。

詳しくは覚えてないのですが、「どちらかというと好みが分かれるような作品を作る認識だったものの、ドラマの主題歌であるLemonを聴いて、万人受けするような作品も作れるのだ、とその才能が怖いと思った」というような記事でした。

(本当にうろ覚えで勝手に書いているので、この記事のことかもと気付いても関係ないと思ってください)

 

米津玄師といえば存在は知っていても読み方は知らないままで通ってきて、

「打上花火」でようやく認識したような次第の私なのですが。

「打上花火」は単純に格好良くてテンポが好きで声が好きで、何度も聞きました。

 

ただそれ以上、彼の作品を聴いてみることはしなくて。

 

今回、そこまで怖い才能ならばLemonを聴いてみようと聴いてみました。

…普段は好きなアーティストの曲でも、アップテンポの曲しか聞かない私にとってはなんだか物足りない感じがして途中で聴くのをやめてしまいました。

 

しかし、今日コンビニに寄った時に掛かっていた曲を聴いて、

これはこの前途中で聴くのをやめたLemonでは、となぜかすぐに気づいたのです。

そして無性に聴きたくなって。

帰宅していまLemonを聴きながら書いています。

 

何故なのでしょう。

人を虜にさせる曲。

才能が怖いとはこのことでしょうか。

 

僕は、苦しいときはポジティブな曲よりも暗い曲を聴いて

とことん落ち込んでその果てに何とか這い上がるタイプなのですが、

そんな時に聴きたい曲だ、と思いました。

いまも物悲しい気分になってきました。

けれどループしたくなります。

ちなみに彼、驚くことに同い年。

そのうえでまた聴くと自分の無力感を突き付けられた感じがして。

また落ち込むのです。

 

聴かなければいいと、そう思うのに、ずっと聴いてしまう曲が

僕には多々あって。最近だとMOROHAのtomorrowとかamazarashiのフィロソフィーとか。

だけど聴いてしまうのです。

Lemonもその一曲となりました。